作品検索

作品紹介

BECK

2010(平成22年)/9/4公開  カラー   
配給:松竹 製作:「BECK」製作委員会

平凡な毎日を送っていたごく普通の高校生・コユキ。学校ではイジメにもあってしまうような、地味でおとなしい彼が、ふとした偶然から、ニューヨーク帰りの帰国子女で天才的なギターテクニックを持つ竜介と出会い、音楽の魅力にのめりこんでいく。竜介の下、最高の音楽を目指して結成されたバンド・BECK。やがて個性あふれる仲間たちと夢中でバンド活動に取り組むうちに、自分では全く気付かなかった天性の歌の才能を開花させていくコユキ。そしてBECKはライブハウスでの活動を皮切りに、CDリリースを果たすなど次第に頭角をあらわしていく。だが、皆が胸に抱いていた夢、日本最大のロックフェス出演が実現しかけた矢先、竜介は、愛用のギター・ルシールと共に突如失踪してしまう。さらに、敏腕の音楽プロデューサーによる妨害で、バンドの存続にかかわる大きな危機が訪れる。竜介はどこに消えたのか?そしてBECKの運命は――。ときに激しく衝突しながらも、数々の苦難と挫折を乗り越え、夢に向かって突き進む5人。音楽という絆で結ばれた彼らの成長と友情を、力強く描き出した感動の青春ストーリー『BECK』が、遂にその全貌を明らかにする!

BECK
©ハロルド作石/講談社 ©2010「BECK」製作委員会

スタッフ

監督:
脚本:
撮影:
照明:
美術:
録音:
編集:
  • 主題歌:「Around The World」RED HOT CHILI PEPPERS

ストーリー

平凡な毎日を送る高校生の田中幸雄、通称・コユキ(佐藤健)。学校では、兵藤を筆頭とするヤンキー軍団にパシリとして使われ、昨日も今日も、この先も、ずっとつまらない日常が続くと信じていた彼の前に、ある日、天才的なギターテクニックを持つ南竜介(水嶋ヒロ)があらわれる。ニューヨーク帰りの彼は、アメリカでカリスマ的人気を誇るバンド、ダイイング・ブリードのギタリスト・エディの親友だという。彼と交わした「最高のバンドを作る」という約束を果たすため、新たな才能あふれるバンド・メンバーを探していた。彼の飼い犬BECKを助けたコユキは、竜介から古いギターを譲り受け、徐々に音楽にのめりこんでいく。竜介が新バンドに誘ったのは、ボーカルの千葉(桐谷健太)とベースの平(向井理)。初めてのセッションで才能を確かめ合った彼らは、意気投合しバンドを結成、竜介の飼い犬の名にちなんでバンド名をBECKに決定する。その頃、親友の桜井祐志、通称・サク(中村蒼)と一緒にギターの練習をしていたコユキは、兵藤軍団にギターを破壊され、そのことで竜介の逆鱗に触れてしまう。だが、竜介が住み込みでバイトする釣り堀の常連・斎藤(カンニング竹山)の協力を得て、彼の指導のもと、ギターの腕前をめきめきと上達させていく。そんなコユキの才能をひそかに確信し、彼を陰ながら応援する竜介の妹・真帆(忽那汐里)。コユキは彼女に淡い恋心を抱きはじめる。

BECK
©ハロルド作石/講談社 ©2010「BECK」製作委員会
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)