作品検索

作品紹介

ユリゴコロ

YURIGOKORO

2017(平成29年)/9/23公開  カラー シネスコ  
配給:東映 / 日活 製作:「ユリゴコロ」製作委員会

2012年、大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたした沼田まほかる原作『ユリゴコロ』の映画化。吉高由里子の5年ぶりの主演映画となり、 宿命に翻弄されるかのような女性の人生を、圧倒的な芝居で演じきり、いまだかつてない一面を見せている。脚本・監督は、『君に届け』(10)、『近キョリ恋愛』(14)の大ヒットが記憶に新しい熊澤尚人。青春時代の機微を丁寧に、且つエンターテイメントに描き、数々のヒット作を世に生み出してきた名手が、センセーショナルなミステリーを舞台に、これまでの作品とは異なる衝撃作で新境地を切り開き、新たな愛の表現に挑む意欲作となる。

ユリゴコロ
(C)2017「ユリゴコロ」製作委員会

スタッフ

監督:
脚本:
音楽:
撮影:
照明:
美術:
録音:
編集:
  • 主題歌:「ミチシルベ」Rihwa

ストーリー

この幸せは、人と殺した罰ですか-。
物語は、「一冊の告白文」から始まる-。
ある家族。一人息子の亮介が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか。」異様な一文で始まるそのノートは、すべてが一人称で書かれた何者かの告白文であった。主人公は、美紗子と名乗る女。誰しもが生きていくために必要な拠りどころ、彼女のそれは人間の死であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送る中、洋介という男が彼女の前に現れるのだが。過去と現在が交錯し、ノートに秘められた真相に迫っていく亮介。これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。数々の疑念の先に驚愕の真実が突きつけられ、容赦ない愛と宿命の物語が静かに動き始める。

ユリゴコロ
(C)2017「ユリゴコロ」製作委員会
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)