作品検索

作品紹介

東京喰種 トーキョーグール

2017(平成29年)/7/29公開 119分 カラー   PG12
配給:松竹株式会社 製作:映画「東京喰種」製作委員会

人の姿をしながら、人を喰らう、怪人”喰種(グール)”が潜む東京。その脅威に人々は恐れを感じていた。読書好きの平凡な大学生・カネキは、通い詰める喫茶店「あんていく」で、自分と同じ作家の本を愛読する女性・リゼと出会い、想いを寄せる。自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに...。人の命を奪い、喰い生き永らえる”喰種”の存在に疑問と葛藤を抱きつつ、あるべき世界の姿を模索する青年の未来は―!?

東京喰種 トーキョーグール
©2017「東京喰種」製作委員会©石田スイ/集英社

スタッフ

原作:
監督:
脚本:
撮影:
照明:
美術:
録音:
  • 主題歌: 
  • 挿入歌: 

ストーリー

人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き肇、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門、真戸が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった...。

東京喰種 トーキョーグール
©2017「東京喰種」製作委員会©石田スイ/集英社
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)