作品検索

キャスト「 ビートたけし 」の人名検索結果 23 件

( 1 - 10 )/ 23 件 公開年▼ 作品名▼
姐御

姐御(1988年公開)

姐御─それは、極道社会の中で、ギリギリの哀しみを引き受けた女。
藤田五郎の原作をもとに、監督・鷹森立一、脚本・中島貞夫、撮影・木村大作といったベテランスタッフ、黒木瞳をはじめとする豪華キャスト・・・

(C)東映
NO IMAGE

エロティックな関係(1992年公開)

パリの日本人探偵と秘書のコンビが、浮気の調査を依頼されたことから連続殺人事件に巻き込まれていくアクション。監督は「寝盗られ宗介」の若松孝二。レイモン・マルローの小説(『春の自殺者』)をもとにした「エ・・・

 
女が眠る時

女が眠る時(2016年公開)

妻の綾とバカンスを過ごすため、美しい海辺に佇むリゾートホテルに訪れた小説家の健二は、プールサイドで初老の男が、若く美しい女の身体に表情ひとつ変えず、細部に至るまで丹念に日焼け止めクリームを塗っている・・・

(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会
NO IMAGE

哀しい気分でジョーク(1985年公開)

人気コメディアンの父親と、脳幹部脳腫瘍に侵された息子との愛情を描いた感動のストーリー。主演のビートたけしがコメディアンの父親役をリアルに熱演。脚本は「必殺!」の吉田剛、監督は「トルコ行進曲 夢の城」・・・

 
NO IMAGE

御法度(1999年公開)

厳しい戒律によって結束を固めてきた新撰組に、妖しい美貌の少年が入隊したことから起こる衆道の騒動を描いた時代絵巻。監督は「戦場のメリークリスマス」の大島渚。司馬遼太郎のふたつの短編『前髪の惣三郎』と『・・・

 
NO IMAGE

3-4X10月(1990年公開)

ふとしたことから巻き起こった草野球チームと暴力団との抗争を描く。脚本・監督は「その男、凶暴につき」の北野武。撮影は「cfガール」の柳島克己がそれぞれ担当。

 
NO IMAGE

座頭市(2003年公開)

勝新太郎の代表作「座頭市」を、長年の念願でもあった北野武監督が映画化。監督自ら考案・指導したスピード感と迫力に満ちた殺陣をはじめ、独自の解釈と工夫で描くエンターテインメント・アクション時代劇。主演は・・・

 
NO IMAGE

残侠(1999年公開)

日本映画史にな<任侠映画>時代を築き、数多くの大ヒット作を放ち続けた名プロデューサー・俊藤浩滋が手がけた正統派任侠映画。昭和12年から20年の敗戦、そして戦争直後まで日本の激動混乱期を背景に、当時の・・・

 
修羅の伝説

修羅の伝説(1992年公開)

過酷なヤクザ世界で伝説となった男がいた。20世紀最後のスター・小林旭を主演に、ビートたけし、陣内孝則、平幹二朗ら豪華キャストが出演。真の男を描く本格的ヤクザ映画。

(C)東映
( 1 - 10 )/ 23 件
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)