作品検索

キャスト「 津田寛治 」の人名検索結果 16 件

( 1 - 10 )/ 16 件 公開年▲ 作品名▲
サクラサク

サクラサク(2014年公開)

「満開の桜がきれいだった…」壊れかけた家族は、70年前の父の大切な思い出の場所にたどりつけるのか。『精霊流し』、『解夏』、『眉山』、『アントキノイノチ』…。良質な映画化が相次ぐさだまさしの小説から新・・・

(C)2014 映画「サクラサク」製作委員会
月光ノ仮面

月光ノ仮面(2012年公開)

初監督作品『板尾創路の脱獄王』(2010年1月16日劇場公開)で、第29回藤本賞・新人賞を受賞、また海外映画祭でも上映されるのなど、その才能に注目を集める、鬼才・板尾創路が満を持して放つ第二弾監督作・・・

(C)2011「月光ノ仮面」製作委員会
アントキノイノチ

アントキノイノチ(2011年公開)

人間関係が希薄になりつつある現代社会の中で生まれた「遺品整理業」という職業を通して、成長する若者の姿と、「生と死」という切実なテーマを真摯に描いた「アントキノイノチ」(さだまさし著、幻冬舎文庫)。本・・・

(C)2011「アントキノイノチ」製作委員会
ツレがうつになりまして。

ツレがうつになりまして。(2011年公開)

夫がうつ病になったことをきっかけに、これまでの自分たちを見つめ直し、成長していく夫婦の姿を描いた細川貂々(ほそかわてんてん)さんのベストセラーコミックエッセイ「ツレがうつになりまして。」(幻冬舎文庫・・・

(C)2011「ツレがうつになりまして。」製作委員会
NO IMAGE

ヌードの夜愛は惜しみなく奪う(2010年公開)

『死んでもいい』『ヌードの夜』」『夜がまた来る』石井隆のネオ・ノワール最新作。

 
シュアリー・サムデイ

シュアリー・サムデイ(2010年公開)

21世紀初頭、東京。ひとりの俳優が、とある脚本家に原案を持ちこみ、脚本を書いてほしいと頼んだ。俳優の名は、小栗旬。脚本家の名は武藤将吾。ふたつの才能が起こした化学反応は、4年以上の月日をかけてゆっく・・・

(c)2010「シュアリー・サムデイ」製作委員会
今度は愛妻家

今度は愛妻家(2010年公開)

中谷まゆみ原作の大ヒットを博した舞台『今度は愛妻家』を待望の映画化。
“豊川悦司&薬師丸ひろ子”日本中が羨む理想の夫婦を感動のヒットメーカー行定監督がコミカルに、そして時にシリアスに描く。

(C)2010 映画「今度は愛妻家」製作委員会
板尾創路の脱獄王

板尾創路の脱獄王(2010年公開)

和初期…どんなに過酷な状況に追い込まれようとも脱獄を成功させる男がいた。その名は鈴木雅之(板尾創路)。独創的なアイデアと類希なる身体能力を駆使し、ことごとく脱獄を繰り返す彼のことを世間は「脱獄王」と・・・

(C)2009「板尾創路の脱獄王」製作委員会
小さき勇者たち~ガメラ~

小さき勇者たち~ガメラ~(2006年公開)

王道のガメラ映画にして、正統派の感動ファンタジー!少年が異生物と出会って心を通わせ共に困難を乗り越えて成長していくという、ガメラ映画の王道にして、正統派の感動ファンタジー。大切なものを守る勇気、親と・・・

(c)2006「小さき勇者たち~ガメラ~」製作委員会
最終兵器彼女

最終兵器彼女(2006年公開)

ファンから「サイカノ」の愛称で親しまれ熱狂的支持を集める高橋しん原作コミックの映画化。ごく普通の女子高生なのに最終兵器として戦場へ投入されることになったちせと、戸惑いながらも彼女を守ろうとするシュウ・・・

(C)2006「最終兵器彼女」製作委員会
( 1 - 10 )/ 16 件
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)