作品検索

スタッフ「 堤幸彦 」の人名検索結果 23 件

( 1 - 10 )/ 23 件 公開年▼ 作品名▼
明日の記憶

明日の記憶(2006年公開)

『私の頭の中の消しゴム』でも注目された「若年性アルツハイマー病」をテーマに、病を背負った働き盛りの男性と、彼を支える妻の絆を描いた感動作品。当たり前だった風景が記憶から消えていく恐ろしさを、渡辺謙が・・・

(C)2006「明日の記憶」製作委員会
悼む人

悼む人(2015年公開)

天童荒太が7年の歳月を費やし、魂を振り絞るように書き上げ、2008年第140回直木賞を受賞し、70万部を超えるベストセラーとなった「悼む人」(文藝春秋刊)が堤幸彦の手により映画化。11都市5万人の魂・・・

(C)2015「悼む人」製作委員会/天童荒太
溺れる魚

溺れる魚(2001年公開)

物語はある一流企業に送られてくる1通のEメールで幕を開ける。それは会社の存続を根本から揺るがす脅迫状だった。やがて一人の警視庁公安部の警部がその企業と関係していることがわかり、トッカンは事件が明るみ・・・

(C)2001 東映/h・m・p/東映ビデオ/東映エージエンシー
くちづけ

くちづけ(2013年公開)

元人気漫画家・愛情いっぽんの娘マコが、死んだ。天使のように愛らしく優しい娘だったマコ。仲良しのうーやんと結婚しようとしていたマコ。そんな彼女の命が、なぜ、この世から消えなくてはならなかったのか?そこ・・・

(C)2013「くちづけ」製作委員会
新生 トイレの花子さん

新生 トイレの花子さん(1998年公開)

全国の小中学生の間で伝承されてきた“トイレの花子さん”伝説。怖い体験談や奇妙な噂話を全国の小中学生からの投稿で綴った「トイレの花子さん」シリーズがベストセラーとなり、“花子さんブーム”が巻き起こった・・・

(C)東映・ポニーキャニオン
NO IMAGE

自虐の詩(じぎゃくのうた)(2007年公開)

原作は、「週間宝石」で連載(85年~90年)された業田良家の漫画である。この作品は4コマ漫画でありながら、哲学的な深い人生観を描き出した作品として「日本一泣ける4コマ漫画」と大絶賛された伝説の作品だ・・・

 
大帝の剣

大帝の剣(2007年公開)

「陰陽師」など多数のベストセラーを発表し、広範な支持を得る夢枕獏の超SF伝奇時代小説を映画化。蓬髪の巨漢にして三種の神器のひとつ「大帝の剣」を背負う孤高の侍・万源九郎ほか天草四郎、妖怪、宇宙人など多・・・

(C)2007「大帝の剣」製作委員会
( 1 - 10 )/ 23 件
ページの先頭へもどる
一般社団法人 日本映画製作者連盟・会員(4社)